徹底リサーチ!家庭教師の厳選6サイト

相談しやすい家庭教師を見つける事が必要です

自宅での学習を効率よく進めていけるように、分からないことを質問できる家庭教師のサービスを利用する事も大事なポイントです。受験勉強を始める時も、アドバイスをくれる家庭教師がいる事で、受験勉強の相談をしながら、不安を軽減して、勉強に集中できます。

体験コースを用意する家庭教師のサービスもあるため、相性の良い家庭教師を見つけられるように、比較を行う方法もあります。料金にも違いが見られるため、複数社の家庭教師のサービスの情報を集める事にも注目です。

初めて家庭教師のサービスを利用する方も、安心して比較を進められるように、このサイトでは、初心者向けの情報も掲載し、基礎知識を身につける事ができます。ランキング形式でおすすめの家庭教師のサービスを紹介し、それぞれのサービスの特徴を把握しやすいサイトとなっています。

家庭教師のLNS

総合評価 ★★★★★
満足度 ★★★★★
利便性 ★★★★
情報量 ★★★★
サービス ★★★★★

ポイント

  • 受験対策も当然ながら人生に必要な知識を身に付けるように指導
  • 社会人であるプロの家庭教師が指導にあたっている
  • コース設定も細かくニーズに応じて選べる

家庭教師のLNSでは受験対策は当たり前ですが、人生を豊かにするための子供の個人ごとの知識を上達されることをサポートしています。勉強嫌いの子でも責任をもって、根気強くプロの家庭教師がサポートを行っています。

家庭教師のLNSの大きな特徴としては、社会人が正規の仕事としてプロの家庭教師をしているので教え方などもしっかりとしています。アルバイトの家庭教師よりもコミュニケーション能力がしっかりとしているので、安心して子供の指導を任せられます。

小学生、中学生、高校生のそれぞれのステップごとに目的に応じたコース設定が用意されています。英語が苦手な生徒などは、英語の指導を得意としている家庭教師から重点的に指導してもらうこともできます。

公式サイトはコチラ

家庭教師のあすなろ

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★★
利便性 ★★★★★
情報量 ★★★★★
サービス ★★★

ポイント

  • 費用が安くても質が良い家庭教師が揃っている
  • テストで結果がでるような指導方法を行っている
  • 不登校で悩んでいる生徒のサポートも行う

家庭教師のあすなろでは、一般的な相場よりも安い価格で家庭教師を利用することができますが、家庭教師に採用されるための選抜や面接には厳しい基準を設けているので、派遣する先生の質はしっかりとしていることが特徴です。

家庭教師のあすなろでは、テストでしっかりと結果を出すことができるように予習や復習をしっかりと行うように指導しています。予習でわからないことを事前に確認することで、授業の理解度が格段にアップして、生徒の実力が身についていきます。

一般的な生徒だけではなく、不登校でお悩みの方のサポートも行っています。学校に通っていない間に遅れてしまっている生徒に対して焦らず、ゆっくり、根気強く指導を行っていきます。少しずつ慣れながら自信を身に付けていってもらいます。

公式サイトはコチラ

家庭教師ノーバス

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★
利便性 ★★★★★
情報量 ★★★★★
サービス ★★★★

ポイント

  • 相性が合う講師がいるので安心です。
  • 目的別にコースを探すことができます。
  • 様々なプランのなかから選べます。

家庭教師ノーバスは受験対策をするうえで、様々なプランのなかから選ぶことができるので、自分に合ったものを探してください。家庭教師は生徒の苦手科目を克服させるために全力を注いでサポートをしていて、アフターフォローも充実しています。

家庭教師に相談をすれば、苦手科目に的を絞って、現在の学習範囲を定めることもできます。必要に応じて、勉強のコツや取り組み方を丁寧にアドバイスすることもあるので、基礎に戻って授業の復習をすることができます。

受験をする上で学校で赤点を取ってしまうと大変なことになってしまいますが、家庭教師は得点アップにつながるような原因も追求するので、集中して勉強に取り組むようにしましょう。

無料体験授業好評受付中!

公式サイトはコチラ

学研の家庭教師

Hova
総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
利便性 ★★★★
情報量 ★★★
サービス ★★★★

ポイント

  • 入会金が0円なので他のスクールよりもお得です。
  • 無料で体験授業が受けられて受験対策ができます。
  • 不登校コースもあってサービスが充実しています。

学研の家庭教師は全ての子供に対して正しい教え方を実践しています。家庭教師は、無料で体験授業を行っているので、誰でも気軽に始めることができますし、幼児コースは、幅広い知識と好奇心の基礎作りをしているので面白いです。

小さな子供は、時間だけではなく、目的や環境に合わせたコースになっているので、全体的に柔軟なシステムになっています。依頼や相談はインターネットからでも受け付けているので、両親の不安解消にもつながります。

テスト前になると、授業の回数を増やすことができたり、自由に時間の設定ができるので、子供の学習スタイルをしっかりと確保することができます。指導を受ける場所も選べるので人気があります。

公式サイトはコチラ

家庭教師のトライ

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
利便性 ★★★★
情報量 ★★★
サービス ★★★★

ポイント

  • 小学生から高校生まで志望校を決めて学べる
  • プロの教師がいるため最適な方法を決めてもらえる
  • 教育プランナーと連携し指導効果を最大限に出せる

家庭教師のトライは小学生から高校生まで志望校を決めてカリキュラムを選べ、講師にマンツーマンで指導を受けることができます。指導を受ける時は成績に応じて最適な方法を決めてもらえるため、新しい知識を効率良く覚えやすく効果が高いです。

家庭教師のトライは高い基準をクリアした教師陣を揃え、カリキュラムに合わせて最適な指導方法を決めることが特徴です。採用基準は指導経験や合格実績のほか評判などで、これらの項目においてレベルが高い教師を選んで紹介してくれます。

家庭教師のトライでは教育プランナーと連携し、指導効果を高めるように家庭教師と本人との橋渡し役を行います。指導をする時は状況を的確に報告して改善すべき点などを見つけ、安心して学べる環境を作ると本人が取り組みやすくなるため効果的です。

公式サイトはコチラ

プレステージ

総合評価 ★★★
満足度 ★★★★
利便性 ★★★
情報量 ★★★★★
サービス ★★★★

ポイント

  • 子供の時間を有効活用しています。
  • 経験豊富な教師陣がいるので実績があります。
  • 30年間の指導実績があるので信頼できます。

プレステージは、大学生の指導にも力を入れていて、医学部の受験対策にも力を入れています。家庭教師は、豊富な教師陣が多く、30年を超える指導実績があるので、指導のノウハウを最大限に活かしながら授業をしています。

カウンセリングは無料で受けられます。家庭教師は、一定以上の採用基準をクリアした人々が多いので、成績アップ向上にも繋がります。社会的なモラルや人間性の判定もするので、システムも充実していて、積極的に授業が受けられます。

指導開始までは、研修をしながら打ち合わせをします。顔合わせをするときは、担当教務スタッフが今後の指導内容と方針を確認して簡易的な指導をするので、希望に合ったコースを選ぶようにしましょう。

公式サイトはコチラ

受験生の手助けをして生活費を得ているだけの意識では勿体ない家庭教師

少子化が年々進んでいても大学の入学定員が減っているわけでないので、希望する大学を選ばなければ希望者が全員、大学に入れる時代ですが、実際は真逆の状態です。難関大学や人気の学部、学科には相変わらず入学定員を遥かに超える志願者が殺到しています。入試倍率が高ければ入試結果の良い生徒から入学を許可されるので、高校生や予備校生が受験勉強に励んでいるわけです。そこで、受験勉強の効果を高めるには受験用参考書を使って独学したり、予備校や学習塾に通って同じ受験生と机を並べて勉強する等、受験生は思い向くままに進めています。経済的な事情で予備校等へ行けず、自宅でコツコツと受験勉強する生徒もいますが、効果の上がり方は各受験生の考え方次第の面が大きいので希望に応じた方法を叶えてあげた方が良いことは確かでしょう。

家庭教師をつけて1対1で勉強する方法は受験生にとって家庭教師を独り占めできるので、勉強中に疑問がわいたり、相談したい箇所があれば即答を得られるメリットがあります。従って、新たな知識や問題の解き方を教えてもらって吸収しようとする勉強レベルの受験生には家庭教師との1対1形式が適当といえるでしょう。家庭教師自身も自分の受験勉強した体験をもとに、持っている能力を提供しながら受験生の不足している知識を補ってあげることで効果的に能力アップを図れます。一方で、家庭教師との1対1形式の受験勉強では他の受験生と机を並べて切磋琢磨する機会が少ないので自分の勉強の進捗度を十分、把握できないデメリットがあります。そこで、1対1形式の受験勉強では公開模試に積極的に参加して自分の進捗度を確認していくことが必要になります。また、1対1形式の受験勉強で家庭教師は教えている勉強の成果を“見える化”しようとして受験生の得意科目に時間を割く傾向があります。

ところが、入試の合否は入試科目合計点で判定されるのが一般的ですから、家庭教師は受験生の不得意とする科目や勉強分野から目を逸らさないことが大切です。暫く1対1形式の受験勉強を続けている間に受験生の得意、不得意科目や勉強分野を分析して、効果を上げる戦略を指摘してあげることも重要な役割です。家庭教師をつけるくらいの家庭であれば我が子の教育への親の熱意の高いことが読み取れますが、時には短期決戦型の受験勉強に正面から向かおうとする意欲の不十分な受験生もいます。こうした受験生には最初から勉強に入るより家庭教師自身の受験勉強体験談や社会の必要としている学問分野等の話題を提供して現実の競争社会を考えてもらうと良いこともあります。家庭教師は単に一人の受験生に受験勉強の手助けをして自分の生活費を得ているだけの意識では貴重な自分の時間を提供しているので勿体ないと考えたいわけです。

上へ戻る